鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

平成28年新作名刀展授賞式 

今日は、平成28年新作名刀展の授賞式に出席しました。
出品数も増え、前日の勉強会、授賞式とも華やかでした。


awarding ceremony 2016_1


平成29年9月に刀剣博物館は、墨田区両国に新築移転しますので、この刀剣博物館での授賞式と新作名刀展は今年で最後となります。
平成11年から毎年出品し、嬉しい思いも悔しい思い、多くの思い出が詰まったこの刀剣博物館。
感慨深いものを感じました。

私は特賞(寒山賞)を受賞しました。最高賞ではないものの、特賞を昨年に続き受賞できたことにほっとしております。
久しぶりに多くの方とお会いし、話す事が何よりも刺激になりました。心新たに頑張ろうと思います


awarding ceremony 2016_3


出品作品とともに。


awarding ceremony 2016_2


「無鑑査」にまた一歩近づきました。
この一年も作刀に打ち込みます。

来年さらに進化した私の作品を楽しみにしていて下さい!



平成28年新作名刀展の結果 

お知らせするのが遅くなりましたが、平成28年新作名刀展において(公益財団法人 日本美術刀剣保存協会主催)、昨年に引き続き寒山賞を受賞いたしました。
悔しい思いもありますが、特賞を受賞することができ、私の刀工人生の目標の一つである「無鑑査」にまた一歩近付けました。
まずは、授賞式前日の勉強会に参加し、しっかりと先生方からの評価をお聞きし、他の刀匠方の作品を拝見し、しっかりと勉強してきます。


the sword for the competition of 2016


なお、新作名刀展の結果につきましては、日本美術刀剣保存協会のウェブサイトより、pdfファイルをダウンロードしてご覧下さいませ。

ウェブサイト:http://www.touken.or.jp/

「大河ドラマ『真田丸』の舞台~大阪城ファミリーフェスティバル2016~」のご案内 

イベント告知の前に。

このたび、熊本、阿蘇、大分など九州地方での地震で、被災された方々に、心よりご冥福とお見舞い申し上げます。
一日も早い復興を、心より願っています。

告知が大変遅れてしまいましたが、4月29日(金)より3日間、大阪城にて「大河ドラマ『真田丸』の舞台~大阪城ファミリーフェスティバル2016~」が開催されます。

4月29日には、18時より私の師匠である河内國平と弟弟子の小宮國天、金田國真、そして私による公開鍛錬を行います。
夕暮れ時の美しい空の色の移り変わりとともに、響く槌音、赤く沸く鉄・・・。それを鍛える私たちの姿が一枚の絵のようになるような鍛錬をお見せしたいと考えております。

また、その他会期中は、お子様から大人まで楽しんでいただける様々なイベントがございます。
新緑に染まった大阪城へ、ぜひ皆様お越し下さいませ。

詳細は、「大阪城天守閣」のウェブサイト、イベント情報よりご覧下さいませ。
http://www.osakacastle.net/


demonstration at Osaka Castle1



demonstration at Osaka Castle2



demonstration at Osaka Castle3



demonstration at Osaka Castle4
展示/exhibition  :  trackback 0   :  comment 0  : 

娘と私の卒業式 

報告が遅れましたが、3月22日、大学を卒業しました。
5年前、こちらのブログでも、娘が小学校を卒業するまでに学士号を取得することを宣言しておりましたので、皆様との約束を果たすことができました。


graduation ceremony at Osaka university of arts1


先日、仕事場を整理しておりましたが、山積みになったレポートを見て、自分なりに努力し良く頑張ったと思いました。


graduation ceremony at Osaka university of arts2


私を理解しご指導して下さった先生方に心から感謝します。


gradutaion ceremony at Osaka university of arts3


42歳の卒業生です。若い卒業生たちと共に、卒業式に出席しました。
家族も来てくれ、私の晴れ姿を見てもらいました。


gradutaion ceremony at Osaka university of arts4


私の指導教員の伊藤隆学科長と。
先生方に教えていただいたことを、今後の製作活動に活かし、私は「刀」でそれらを表現していきます。


graduation ceremony for my daughter2


そして、翌日は娘の卒業式でした。
6年前、大きなランドセルを背負い、どちらかと言うと不安いっぱいで入学しました。
娘は、妻の仕事の関係で、地元の保育園には通っておりませんでしたので、友達0人からのスタートでした。
「友達100人つくること」が目標でした。


graduation ceremony for my daughter1


そして、6年が経ち、娘は立派に成長しました。
学校はもちろん、どこでも友達がいっぱいの娘は、本当に幸せ者です。
そして、娘を理解下さり、娘の個性を最大限に伸ばして下さった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

娘は、小学校の友達とは離れ、4月から公立中高一貫校へ進学します。
6年間共に学び過ごした仲間、そして母校を誇りに思い、思い出を大切にし、新しい仲間と新しい学校生活を楽しんで欲しいです。

我が家に新しい春がやって来ました。



OFFの日  :  trackback 0   :  comment 1  : 

梃子棒直し 

長年愛用している梃子棒が、真ん中の鍛接面から折れかけたので、
一度外してしまい鍛接し直しました。
小さい割れなどの場合は修理しますが、
今回の場合は一度外してしまい、鍛接し直した方が時間も早く、確実に直るので丈夫になります。


tekobo2.jpg


沸かしをかける時に、梃子棒の紐の一部が燃えてしまいました。
燃えた紐を外すと、下から味のある深い錆びの表面が顔を出しました。
あまりの美しい錆びに、どうしたらこんな綺麗なサビが付くのかと考えてしまいました。


tekobo1.jpg


平成七年六月吉日、私が入門4年目に製作した梃子棒です。
21年間、汗やホコリ、炭や土が付いた手で梃子棒を握り続けた結果、
紐の下で驚くような美しい錆びに育っていました。
私の努力の結晶です。

次回確認できるのは20年後位かな?
新しい紐に巻き直し、今日から始まりです。
ONの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。