鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

上鍛え 

上鍛えの準備が完了しました。
目方は600匁目前後で、この上鍛え一個で太刀、刀の皮鉄一振り分になります。

agekitae1.jpg

今回は三枚の鉄で上鍛えですが、四枚や五枚の時もあります。
基本的には、鉄の板を横柾の状態に積みます。
鍛錬の途中でフクレが出た場合には切って取ってしまうので、
鉄が小さくなるのが嫌なので、少しでも大きい上鍛えをするようになってしまいます。

agekitae2.jpg

しかし、鍛えの鉄は、大きすぎても小さすぎても仕事率が悪く、上がりの歩留まりも
悪い様に思います。
鉄の心までしっかり沸かしたり、良い鍛えをするには頃合いの目方がいいです。
ホドの大きさにもよりますが、これくらいが私には丁度です。
ONの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/99-fd91ec70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。