鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

トライやる・ウィーク 

今年のトライやる・ウィークでは、3人の中学生を受け入れました。
私の鍛刀場で仕事をしてみたいと思ってくれることは嬉しいことです。

トライやる・ウィークは、様々な分野の場所で(病院、幼稚園、警察など)、「働く」経験をする体験学習です。
1998年に兵庫県が始めました。今では、他府県でも実施されていると聞きます。

毎年、授賞式前になりますので、色々と忙しくしていますが、子ども達が少しでも日本刀や刀鍛冶に理解と興味を持ってくれることを願って、受け入れています。

今年は、授賞式前の1週間の受け入れでした。
1週間でできることは限られていますので、子ども達と話し合い切り出しを作ることにしました。

地金は包丁鉄、刃鉄は玉鋼(短刀の地金の残光)を使いました。
始めに、地鉄に刃鉄を小沸かしで張り付け、鉄の華が出ないように強く赤め、
刃鉄の方を上にし、大きい手槌で強く叩いて一気に程よい重ねまで火造って見せました。

子ども達の地金に刃鉄を張り、いよいよ始まりました。

地金を赤めすぎて鉄の華を出す者、黒い鉄を叩く者、色々ありましたが、何とか薄くなりました。
しかし、カナ肌は厚く付き、噛んで吐き出したようになりました。
私も入門当時、親方に「噛んで吐き出したのか」と言われたような・・・。

子ども達は、真っ黒になり、「どんなに仕事をしたの?」というほど汗をかき、持ってきた軍手
も、仕事がし辛いと素手になり一生懸命頑張っていたので、
皆が帰った後は毎日、手直しして応援しました。

鉄は熱いうちに打て!

子ども達は身をもって体験して、自分なりに何かを感じ取ったことでしょう。

焼き入れでは、鉄が馬鹿になってしまい、焼きが入らないのではないかと
心配しましたが、皆、何とか焼きが入りました。

作品は、個性的な切り出しになりましたが、子ども達は、これで鉛筆が削れるかな~
これで木を削り木工をしよう!釣りに持って行こう!とても嬉しそうでした。

そして、私は、子ども達に切り出しや刃物の使い方を指導しました。
「刀や刃物は自分から襲わないだろ、使う人間の心次第だよ。」と。

一日かけて切り出しを研ぎました。
どんなに良い切り出しや道具も上手に研がなければ切れません。
どうしても上手く研げない時はいつでも来るようにいいました。
子ども達は一生物だと喜び、又、自分が作った作品に思い出も叩き込んだことでしょう。

良く遊び、良く学んで下さい。

慣れない手つきで四苦八苦しながら、3人が完成させた切り出しはこちらです。
kiridashi1.jpg

それぞれ作品に個性がありますね。
裏は、完成した日付と銘を入れました。(少し見えにくいですが)
kiridashi2.jpg

この切り出しを末永く使ってくれて、皆が大人になった時、私の刀鍛場での1週間を思い出してくれると嬉しいな。


タグ: トライやる・ウィーク  切り出し  刀鍛冶 

コメント

ピカピカの刀

v-7新作名刀展「薫山賞」授賞おめでとうございます。
日本刀の魅力や備前の伝統を伝えるために、
これからもご活躍されますことを心から願っています。

私は日本刀についての知識はほとんどありませんが、日本刀を眺めていると、日本の伝統や文化などを感じることができる気がします。日本の技術が進歩してきたのは、伝統や文化の強みが継承されてきたからだと思います。「匠の技」や「作りこみの技」といった徹底的に追求する精神と高度な生産工程技術は、日本独特の歴史や文化、人々の習慣などが大きく影響し形成されてきたからだと思います。
日本刀を通して、日本が持つ良き文化や技術を継承し、これからの新しい社会に貢献できるお仕事をしている高見さんがうらやましいです。
刀ってカッコイイ~v-28!!
2009.06.23 Tue 19:24 : URL : Goro #- : 編集 :

Re: ピカピカの刀

Goro様、はじめまして。コメントありがとうございます。
あたたかい励ましのお言葉、大変嬉しく思っています。

私も、刀だけではなく、日本の伝統工芸品や歴史文化から、日本人(昔の人は凄い技術や技)は凄いなといつも感じます。私も、地鉄や、焼入れ方法、鍛錬方法、映りなど今も研究していますが、夢と現実、
課題ばかりですが、少しずつ頑張りたいと思っています。
仕事は、その人の頑張りがあれば、どんな分野の仕事でも立派な社会貢献が出来ると私は思います。

まだまだ未熟者ですので、様々な経験をし、刀に恥じぬよう自分自身も磨いて行きたいと思っています。

これからもどうぞよろしくお願いします!
2009.06.24 Wed 23:13 : URL : 國一 #- : 編集 :

活躍する外国人

チェコには日本刀の収集家が多いという情報を見ました。
日本刀に見せられて鍛冶職人になったチェコのパベル・リハチェクさんって人がいるそうです。
チェコの日本刀研究会のHPがありました。
http://nihonto.manga.cz/aktuality.php
チェコのお姉さまたちが熱心に日本刀のお手入れをしています。ステキ!

最近テレビによく出ている東大の比較文学の教授ロバートキャンベルさんみたいに日本の文化や歴史に詳しく、日本人以上に日本を愛している外国の方がテレビや雑誌で多く取り上げられていますね。桝一市村酒造場取締役のセーラ・マリ・カミングスさんみたいな女性にもビックリです!!外国人が見るステキな日本人ってどんな人なんですかね?
石川五右衛門とか・・・?v-263
2009.06.26 Fri 01:09 : URL : G0ro #- : 編集 :

Re: 活躍する外国人

返事が遅くなり申し訳ありません。仕事柄、なかなかPCの前に座る時間がなく、苦手なもので。
日本刀研究会のHPみました。
日本刀=侍は海外ではモテルのでしょうか?(笑)

見た目は外国人でも、心や常識は日本人より日本人らしい外国人に会った事は確かにあります。
しかし、日本人から見るとおかしいとも思います。
柔道着がブルーになってしまうように、日本人から見れば当たり前の事が、当たり前でない。
とても危険な事だと私は思います。

上手く言えませんが、外国人から見た素敵な日本人とは、
相手の目を見て話が出来き、日本の文化や歴史を胸を張って話せる人でないでしょうか、
その中で、私でしたら播州赤穂浪士、宮本武蔵、楠 正成、山中鹿之助など郷土に関係する武将が思い浮かびます。

日本の武士道とか心意気、我慢や辛抱が外国人には惹かれるところなのかも知れませんね。
これから先は心の時代の様な気がします。
2009.06.28 Sun 23:40 : URL : 國一 #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/7-de07c723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。