鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

「再現!官兵衛の太刀~刀工 高見國一が魅せる播磨の技」のご案内 

「再現!官兵衛の太刀~刀工 高見國一が魅せる播磨の技」を兵庫県立歴史博物館にて開催します。


おこがましいタイトルで恐縮ですが、多くの方に支えていただいき、姫路城を望む屋外で、このような実演をさせていただく機会をいただきました。
大人も子供も楽しめるイベントとなっておりますので、ぜひお越し下さいませ。

日時:平成26年10月25日(土) 13:00~15:00
会場:兵庫県立歴史博物館
   ウェブサイト:http://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/
実演内容:火造り、土置き
銘切り体験:700円(キーホルダーにご自身のお好きな文字を刻んでいただきます)
        先着20名の限定ですので、ご希望の方はお早めにお越し下さい。

また、このイベントには私の弟弟子の石田國壽刀匠も実演に参加してくれます。
師匠 河内國平の下で共に厳しい徒弟制度に耐え、同じ釜の飯を食べた特別な存在です。
石田刀匠は、今年世界遺産に登録された富岡製糸場のある富岡市に鍛刀場を構えております。
姫路城と富岡製糸場。世界遺産繋がりで、皆さんに楽しんでいただけるよう、全力を尽くします。

また、この度刀の展示もさせていただくことになりました。
私の作品は、今年新作名刀展(公益財団法人 日本美術刀剣保存協会主催)にて二席を受賞しました太刀と短刀を展示する予定です。
受賞作品の太刀につきましては、刀剣博物館(東京都)、到道博物館(山形県)、川越市立博物館(埼玉県)で展示はされましたが、関西ではまだ公に展示はございませんでしたので、ぜひご覧いただけると嬉しく思います。
石田刀匠の作品も展示されます。

flyer for my demonstration in the event1

flyer for my demonstration in the event2

なお、銘切りにつきましては、石田刀匠が現在プレートを準備してくれています。
先着順となりますので、ご希望の方はお早めにお越し下さい。

Kunihisa ISHIDA

石田刀匠のウェブサイトは、下記のURLをクリックして下さい。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~ishidakunihisa/Kunihisa/index.html

木々も少しずつ色づき始めた秋、皆様とお会いできるのを楽しみにしております。
ご遠慮なさらず、会場でお声をかけて下さい。

多くの出逢いがありますことを願っています。

Facebookページもございます。
アカントをお持ちの方は、ぜひご覧下さい。
https://www.facebook.com/events/1509066642672016/?ref=22




展示/exhibition  :  trackback 0   :  comment 2  : 

コメント

成功をお祈りしております!

ご無沙汰しております!
色々な行事でご活躍なご様子で何よりです。
ところで記事に載っていた刀工さんのホームページ覗いてみましたよ。
距離的には比較的近いのですが、弟弟子さんだったそうで似た作風の刀になるのでしょうか。
では成功をお祈りしております。
2014.10.21 Tue 16:39 : URL : 湘南のパパ #7x4MEhd2 : 編集 :

Re: 成功をお祈りしております!

湘南のパパ様

お久しぶりです。
いつも温かいお言葉ありがとうございます。
実演は盛況のうちに終わりました。
多くの方に支えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
会場の皆さんに喜んでいただけたことを願っています。

さて、石田刀匠の作風は、備前伝ですから似ていますが
私の刃文が花びらが折り重なった刃文(重花丁子(じゅうかちょうじ)と言います)に対して、石田刀匠の作風は、互の目丁子(ぐのめちょうじ)と言いまして、刃文が雲のようにゆったりとして見えます。
光にかざすとその違いははっきりとし、お互い甲乙つけがたい良さがあります。

私のかわいい弟弟子ですので、ぜひ応援お願いします!
2014.10.31 Fri 13:31 : URL : 國一 #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/460-4dee4407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。