鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

平成25年新作名刀展授賞式 

新作名刀展授賞式の出席するために、
公益財団法人日本美術刀剣保存協会に一年ぶりに上京しました。


the sword meseum_0528


今年の新作名刀展の看板です。
特賞一席の松葉さんの刀がポスターになり、輝きながら出迎えてくれました。

in front of the sword museum

会場では一年ぶりに会う仲間や、お世話になっている懐かしい方々とお会いすることが出来ました。
又、私の上京に合わせ、刀剣博物館までお越しいただきました皆様とお会いしお話することが出来ました。

in front of my sword

今年は優秀賞でした。
来年に繋げ頑張ります。刀剣博物館より許可を頂き撮影させて頂きました。
心では笑っているのですが、カメラの前ではいつも歯を見せる事がなかなか出来ません。

competition sword_2013_1


今回の出品刀の写真です。
一般的な研ぎである化粧研ぎです。
地は黒く、刃は白く見えます。

この角度では、まだ刃文は見えません。


competition sword_2013_2


実際に刀身を手に取り裸電球に刀身の地や刃を透かしていくと、
このように本当の焼き刃が目に飛び込んできます。

浮かび上がった重花丁子の刃文。

これが私の丁子です。


competition sword_2013_3


私の作品だけ言える事ではなく、どの刀においても、やはり、刀は実際に手にとって頂きじっくりと皆様に見て頂きたいと思います。

上京するまっでは大きな不安もありましたが、多くの方に私の作品の評価をいただき、自信も持つ事が出来ました。
久しぶりに藤代先生の九段にもお邪魔しました。
突然の鑑定会も緊張しましたが、楽しかったです。
今年は忙しく、昨年のように時間が取れませんでしたので、
お会いしたい方すべてに会うことができませんでした。
残念でした。
次回、宜しくお願い致します。

新しい気持ちでまた今年の一年も作刀に打ち込みます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/399-eae8386c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。