鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

第17回京都刀剣まつりの出品物 

第17回「京都刀剣まつり」の出品物のご紹介です。

一年を通して文鎮や小刀を製作することはあまりございませんので、それぞれの作品が貴重な一点ものです。
ぜひ京都までお足をお運びいただきご覧いただければと思います。

写真撮影が上手くないため、実際のお色とも若干違いが生じる場合もございますので、何とぞご理解下さいませ。

また、京都刀剣まつりまで、もう少し日数がございますので、もし時間があればあと数振、小刀を製作できれば良いなと思っております。
その場合は、追加出品と言う事で、同じくブログやウェブサイトにてご紹介致しますので、ブログをチェックいただければと思います。

画像はすべてクリックいただくと拡大できます。


paper weight for Kyoto Token Matsuri


<文鎮>

・雪中松柏 (桐箱付き)12.7cm
・思無邪  (桐箱付き) 17cm
・春山如笑 (桐箱付き)16cm sold out


※若干の誤差はお許し下さい。


paper weight in the box


ブログのカテゴリー“日々の手仕事”で文鎮製作の過程を以前ご紹介させていただいた通り、和鉄を鍛え、錆を付ける工程は大変手間と時間を要します。
鍛えによってできた板目や木目、そして錆付けした独特の風合いあるお色等楽しんでいただける作品に仕上がりました。
「雪中松柏」、「春山如笑」は、平成23年、平成24年新作名刀展の出品刀に刻んだ銘文と同じです。
私の思い入れのある言葉を選び、文鎮にも刻み込みました。


paper knife for Kyoto Token Matsuri1


小刀につきましては、粗い砥石で研いだ状態での仕上げですので、そのままペーパーナイフとしてお使いいただいても良いですし、研磨の依頼をされ、地鉄や刃文を味わっていただくのも良いでしょう。


paper knife for Kyoto Token Matsuri_c

paper knife_1a

(桐箱付き)sold out



paper knife for Kyoto Token Matsuri_b

paper knife_2a

(桐箱付き)sold out



paper knife for Kyoto Token Matsuri_a

paper knife_3a

paper knife_3b

(桐箱付き)sold out





タグ: 京都刀剣まつり 
展示/exhibition  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/393-371efd07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。