鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

守り刀製作~想いをかたちに~ No.3 

In my past articles "breathing a new life to hinges of the gate", I wrote that I made Oroshigane steels from old hinges used for the gate of the customer's house to create his family treasure sword that will be made only from those Oroshigane steels.

For reading the previous article Vol.2 (January 17ty, 2013), please click URL below.
http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/blog-entry-373.html

For reading the previous article Vol.1 (September 26th, 2012), please click URL below.
http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/blog-entry-366.html

Note that all the articles are translated in English.

鎺(ハバキ)が完成しました。
金着二重鎺(きんぎせにじゅうはばき)です。
白銀師 中田晃司氏にお願いしました。

I received a Habaki created by Koji NAKATA.
This is Kin-kise Niju-habaki.

↓1月17日のブログ記事は、下記のURLをクリックして下さい。
http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/blog-entry-373.html

↓9月26日のブログ記事(卸鉄の製作)は、下のURLをクリック下さい。
http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/blog-entry-366.html

今回は、研ぎの下地を先にお願いし、ハバキ、鞘、仕上げ研ぎと進みました。

habaki_sword made from Oroshigane1

茎仕立てに入ります。

This photo is before I start Nakago shitate (giving my own Yasuri pattern on Nakago) process.

habaki_sword made from Oroshigane2

今回は、先にハバキが完成しているので、茎鑢のすり出し(鑢目と研ぎの境目)が決めやすいです。

nagago shitate_sword made from Ososhigane3

茎鑢をかけ終わりました。
何度も、ブログで書いていますが、私の場合は2種類の鑢を使い味が出るように鑢かけしています。

Nakago shitae is finished.

All the traditional Japanese swordsmiths have their own patterns. If you have a look at the sword next time, please enjoy watching it. They might look similar but different.
As for myself, I use 2 kinds of filing tools for Nakago Shitate.

nagago shitate_sword made from Oroshigane4

今回はご依頼主様のご自宅で大切に保管されていた門に使われていた蝶番を卸鉄にし、作刀しましたので、茎に大きな肌が現れました。

As you know, this time materials are only Oroshigane made from old hinges. Probably because of that, the big patterns clearly appear. Through the photo, you would agree with what I mention.

mekugiana_sword made from Oroshigane2

茎鑢が終わると、目釘穴を開けます。

After Nakago shitate is done, I make a Mekugi-ana (a hole of Mekugi).

mekugiana_sword made from Oroshigane1

画像では簡単に見えますが、刀身は平らではないので、実は難しい作業です。
丸鑢を使いながら、常に表裏を合わせ、丁寧にそして大きく開けることを心がけています。
南紀重國の目釘穴が私の理想なので、処女作からずっとこの大きさにしています。

You might think that it might be easy but the surface of the blade is not flat. Therefore it is actually very difficult work and proficient skills are needed.
Since my ideal Mekugi-ana is Nanki Shigekuni’s(南紀 重國), I’ve continued this size since my first work.


nakago shitate completed_sword made from Oroshigane1

茎仕立て、目釘穴を開け、茎仕立てが終わりました。

nakago completed

これでまた私の手元を離れ、次は研ぎへと移ります。

Next process is polishing. I will send it to the polisher, Naoki KARITA.

タグ: 守り刀  お守り刀 
ONの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/380-fe2ef739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。