鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

守り刀製作~想いをかたちに~ No.2 

昨年の9月26日のブログ記事で紹介しました守り刀です。
ご依頼主様が大切に保管されていた古鉄を卸鉄にしたところまで書いていたと思います。

In my previous article, I wrote that I made Oroshigane steels from old hinges used for the gate of the customer's house to create his family treasure sword that will be made only from those Oroshigane steels.

↓9月26日のブログ記事は、下のURLをクリック下さい。
For reading the previous article, please click URL below.

http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/blog-entry-366.html

卸鉄のみで製作する守り刀。私自身も初めての事ですので、楽しみながら製作していきました。

The sword that would be made only from Oroshigane steels (from hinges).
It was an interesting and challenging work for me.

forging_made from only Oroshigane steel1

まずは、下鍛えを6回し終わったところです。↑
肌の見え方が、いつもよりはっきりと見えるような気がします。

This photo above is that I have just finished Kitae process (forging process) six times.
As compared to my usual Kitae Hada (forging pattern), I think it looks much more clearly in even this process.

forging_made from only Oroshigane steel2

コバ(側面のこと)も、しっかりとくっついています。
これを3等分に切り、新たに積み直し上鍛えへ進みます。

I cut this forged iron into 3 piece, pile and forte them again.

making a shape_made only from oroshigane steel2

無事鍛錬が終わり、素延べ(手槌を使い、重ね、幅などを決め刀身の形に成形する過程)に入りました。
素延べの作業で、刀身の完成時の姿が決まります。

After finishing forging process, I go into Sunobe process (forming a blade shape considering its width, thickness and length etc. only by a hand hammer. In this process, the completed shape is determined.

making a shape_made only from oroshigane steel3

棟から写した画像です。
区(まち)になるところが一番厚く、切っ先に向かって重ねを薄くしていきます。

This photo is that I focused the back edge of a blade. You see thickness become gradually thinner toward Kissaki (tip of the blade).

making a shape_made only from oroshigane steel4

火造りの作業に入りました。
はじめに、棟を庵棟(いおりむね)に火造り、その後、刃になる部分を打ち出していきます。

Now it is in the Hizukuri process above.
In this process, first of all, I form Mune (back edge of a blade) into Iorimune by hand hammer.

making a shape_made only from oroshigane steel5

火造りが終わりました。
画像をクリックし拡大いただくと、鍛えた肌が、大きく渦巻いているのが見えます。(茎の部分)

Finally I finished Hizukuri process. Please click the photo above.
You see unique Kitae hada on Nakago part.


Sengake_made from Oroshigane steel


棟に鑢をかけ、姿を整えます。


shodon_made only from oroshigane


姿が完成すると、刀身を赤め、鉄のストレスを取るため焼きなましをします。
私の場合、夕方から翌朝まで、このように藁灰の中に入れておきます。

In this process, I anneal the blade in the straw ashes from the evening to next morning.

before Tsuchioki_made only from oroshigane steel

焼き入れ前の準備作業に入ります。
刀身を荒目の砥石で研磨し、肉置きを整えます。

Next, I prepare for quenching process.
Polishing the blade by a sharpening stone, I arrange Nikuoki. (well arranged the surface).

before quenching process_made only from oroshigane steel

土置きが終われば、火床(ほど)ですぐに乾かし、焼入れへと移ります。

After finishing Tsuchioki, I dry the blade at Hodo like the photo above and proceed quenching.

after quenching_made only from Oroshigane steel

刃文は、ご依頼主様と何度も下絵を描きながら、刃の高さ、刃文の形などを相談し決めました。
イメージ通りの焼きが入りました。

As for Hamon(Hamon pattern), I discussed it with the customer. I drew the Hamon pattern over and over and showed drawings to the customer so that the Hamon image that the customer has be matched to that of I create.

And, the excellent Hamon appeared as I imaged.

次へ続きます。
タグ: お守り刀  守り刀 
ONの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/373-67553ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。