鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

家族の時間~たたらの里編~ 

5月の事になりますが(事後報告ばかりですみません。書きたいことは山ほどありますが時間がありません!)、宍粟市千種町にある「たたらの里学習館」を訪ねました。

授賞式後に講演を依頼されており、講演の中で、西播磨地域におけるたたら製鉄の歴史について触れたいと考えていましたので、講演前にもう一度(何度も過去に訪ねていますが)足を運び、たたら跡を見ておきたかったのです。

自宅から40分ほどで行ける距離ですので、程よいドライブです。

chikusa1.jpg

千種川の上流です。
木々の新緑。川のせせらぎ。癒されます。

chikusa2.jpg

千種高原の麓にこんな小さな吊り橋があります。
娘は、もう大はしゃぎ。(妻も 笑)

chikusa3.jpg

たたらの里学習館までの道のりですが、別ルートを通ってしまいました。
車一台が何とか通れる山道を、インディージョーンズのテーマ曲を歌いながら。
「タラッタタ~タララ~♪」
ちょっとした冒険気分です。

chikusa4.jpg

たたらの里学習館」に着きました。

chikusa5.jpg

chikusa6.jpg

学習館の向かいには「天児屋鉄山跡(てんごや)」(兵庫県指定史跡)があります。
その昔、ここで鉄づくりが盛んに行われ、良質の鉄は、陸路や高瀬舟によって長船まで運ばれていました。

chikusa7.jpg

高殿(たたら場)跡。

chikusa8.jpg

ひっそりと石積みが残っているだけですが、今でも「かなくそ」が(砂鉄を溶かす際、砂鉄に含まれていた不純物が溶け出して固まったもの)至る所に落ちており、確かにこの地でたたら操業が行われていた事を物語っています。

静かに九輪草が咲いていました。

タグ: たたら 
OFFの日  :  trackback 1   :  comment 2  : 

コメント

リンクしました

行ったみたい所ですね。釜石の川も赤茶けていました。
2012.06.27 Wed 08:09 : URL : 鉄人の鉄人 #- : 編集 :

Re: リンクしました

鉄人の鉄人様

あぁ、嬉しいです。私も早速リンクさせていただきます。
いつも鉄人の鉄人様のブログを拝見し、被災地へ足を運び、子供たちへ希望を与え続けられている様子に頭が下がる思いでいっぱいです。
今の自分の生活にいっぱいいっぱいな自分がいますが、自分に余裕ができた時、私も鉄人の鉄人様の様な生き方ができる人間に成長していたいと日々思っています。
2012.07.04 Wed 16:08 : URL : 國一 #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/353-e0977386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【家族の時間~たたらの里編~】

5月の事になりますが(事後報告ばかりですみません。書きたいことは山ほどありますが時間がありません!)、宍粟市千種町にある「たたらの里学習館」を訪ねました。授賞式後に講演を依頼されており、講演の中で、西播磨地域におけるたたら製鉄の歴史について触れたいと考?...
2012.06.22 08:56 : まとめwoネタ速neo :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。