鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

「兵庫の名刀展」に行ってきました 

8日(日)に「兵庫の名刀展」へ行ってきました。
大変盛況でした。

Exhibition_Hyogo1.jpg

当日まで予定が立てれませんでしたので、運良ければ真鍋純平刀匠の講演を聴ければと思っていましたが、こちらも既に定員を満たしていたため、多くの方が抽選もれされているとの事でした。
真鍋刀匠のファンの方を含め、日本刀の知識をさらに高めようとする方、そしてこの展示を機に日本刀について知ろうとされる方が一人でも多く、日本刀の美を堪能下されば良いなと感じました。

Exhibition_Hyogo2.jpg

竹林にドーム状に立てられた建築も美しい。
館内を入ると、まずは清水公照(元東大寺管長)さんのずらりと並べられた泥仏たちが出迎えてくれます。
一体一体が見せるユーモア溢れる表情を楽しみながら、刀の展示室へと進みます。

その他、今や世界中の多くの方に愛され続けている明珍火箸はもちろんのこと、姫路の工芸品が展示され、コマや張子など絵付け体験もできるようになっています。

exhibited sword1

こちらがこの度出品させていただきました、刀 「一陽来復」です。
順路にしたがいご覧いただくと私の作品が最後の展示になりますので、お忘れにならずぜひ立ち止まってご覧下さい。


inouesanb.jpg


こちらの画像は、研ぎ師 井上聡さんが研ぎ上がった私の作品を自ら持ってきてくれた日の画像です。
鞘からこの刀を抜いたあの時の気持ちは、今でも鮮明に記憶しています。

inouesanc.jpg


私の師匠である河内國平が人間国宝、隅谷正峯に師事したことから、私の丁子はその系統を受け継いでおり、匂い口の柔らかさが特徴です。
光にかざすと、幾重にも重なった丁子が優しくも力強く浮かび上がります。
一人でも多くの方に、手にとってご覧いただきたく思いますが、それは叶いませんので、ぜひとも様々な角度からご覧いただき、私の作品を感じていただければと思います。

そして、2月5日(日)は、明珍宗裕刀匠による「銘切り体験教室」が開催されます。
定員に達した場合は、抽選とのことですが、ぜひご参加下さい。

古刀には歴史に思いをはせ、そして現代刀には、今生きている私達現代刀工がどのような思いで一振の作品を生み出したのかを一つのストーリーとして想像しながらご鑑賞下されば、鑑賞の楽しみが一つ増えるのではないでしょうか。










展示/exhibition  :  trackback 0   :  comment 2  : 

コメント

兵庫の名刀展

先日、一陽来復に会ってきました、
時間を忘れて見入ってしまいました。
有難うございます。
2012.01.11 Wed 10:39 : URL : 神木隊 #- : 編集 :

Re: 兵庫の名刀展

神木隊 様

コメントありがとうございます。
大変嬉しいお言葉ありがとうございます。
展示作品も多い中、一番最後の展示作品ですので、皆様に気付いていただけるか少し不安でした。笑
そのお言葉を励みに、コンクールへの出品刀製作に自分の全てを注ぎます。
皆様に感動いただける作品を生み出せるよう、作刀に集中します。
2012.01.12 Thu 22:29 : URL : 國一 #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/330-fe8b6ad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。