鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

炭切り 

日に日に寒くなってきました。
一俵でも多く切ろうと思います。

hatchet for cutting chacoal

炭の種類は松炭です。
一袋は12kg入っており、この一袋を一俵と言います。
12袋有るので、これで12俵です。
炭にも硬い炭と柔らかい炭があり、炭屋さんには自分の欲しい硬さをお願いします。
硬い炭は重たく、柔らかい炭は軽いので、軽い炭の一俵の袋は少し大きくなります。

These dry charcoals are made from pine trees. The weight of 1 bag is 12kg and the way of counting is we call “phou(俵)”.
Since I have long-term relationship with the shop owner, he always sends me good charcoals in proper hardness from Iwate prefecture.
Hard charcoals are heavier than brittle ones so if brittle charcoals are packed into a bag, it becomes larger.(Refer to the photo I posted below. You see each size of bag is different.)


12 chacoal bags

袋から炭を出すとこのような形の炭が入っています。
とても綺麗な松炭で、切りやすいです。

Dry charcoals before I cut.

chacoal before cut

切り終わった炭は、鍛錬用、火造り用、焼き入れ用などと種類別に分けドンゴロス(麻)の袋に入れて整理して炭小屋に積みます。

The charcoals cut in different sizes are separated and stored into burlap bags for each process, Tanren(forging), Hizukuri(shaping a blade), Yakiire(quenching) etc.

Note that I don't have my apprentices at that moment so I do this work by myself.

storage.jpg

炭はいくら有っても嬉しいのですが、もう作刀に入らないと間に合わなくなるかも知れませんので、気持ちを作刀に切り替えます。

I should cut as many charcoals as possible for future use, but it is almost time to start to create a sword for the competition of next year. Thus I should stop this today and put myself into swordmaking.
タグ: 炭切り 
ONの日  :  trackback 0   :  comment 7  : 

コメント

今日 生國魂神社に行って来ました。じっくり拝観させて頂きました。
素人なので、長時間居まして山崎様にいろいろと教えて頂きました。
たいへん良かったです。高見様にもお逢い出来て!
2011.11.14 Mon 23:25 : URL : やぁ! #- : 編集 :

Re: タイトルなし

やぁ!様

生國魂神社に足を運んで頂きありがとうございました。
今後とも近畿支部一同力を合わせて頑張りますので、
来年もよろしくお願いします。
今度私を見かけられた時には、ぜひ声を掛けてください。

毎年この時期には生國魂神社で支部展をしています。
2011.11.16 Wed 00:13 : URL : 國一 #- : 編集 :

準備

お久し振りです。
昨日50日降りに退院することができましたので時折お邪魔させて頂きます。
作刀をする以前に色々準備することがありそれに伴う保管場所など付随する作業があると言うことでしょうか。
工場などで物を作る際前工程などと言う言葉がありますが何の仕事でも準備が必要なのですね。
2011.11.16 Wed 16:47 : URL : ひろし #KVSV0Bf2 : 編集 :

Re: 準備

ひろし様

ご無沙汰しております。
退院おめでとうございます!
本当に久しぶりにコメント頂き安心致しました。
これからもご無理をなさらない様にして下さい。

鍛冶屋は仕事場以外にも炭小屋とか物を入れる小屋が欲しいです。
私は独立後、親父と二人で小さいですが炭小屋を建てました。
壊れる事も無く雨風、台風にも負けずに頑張ってくれる炭小屋です。
作刀に入る前の仕事は雑用かも知れませんが、大切な下準備だと思います。

2011.11.17 Thu 21:11 : URL : 國一 #- : 編集 :

びっくりした

このポストを読むながらびっくりす事を見ました。沢山英語だ!
頑張れ!
2011.11.20 Sun 22:02 : URL : ゴードン #- : 編集 :

Re: びっくりした

ゴードン

最近、海外からブログを見てくれる人が増えてきました。
だから、これからはできるだけ英語で書きます。
でも、刀のことを翻訳するのは難しいです。
ゴードン、間違っていたらコレクトしてね!
2011.11.21 Mon 22:10 : URL : 國一 #- : 編集 :

なるほど。それはいいですね。外国人の興味が増えています。
高見の英語説目はいいですよ。本当に翻訳するは難しいですが意味が分かっています。千晴は手伝ってもらいましたでしょうね。優しい先生でしょう。ぜひ、メールでコレクトを送ります。
頑張って!
2011.11.23 Wed 12:55 : URL : ゴードン #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/320-43c0a299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。