鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

家族の時間~天体観測編その2~  

西はりま天文台の友の会例会に参加してきました。

友の会には数年前から入会しているのに、今回が初めて。
先日の天体観測ですっかり魅せられ、今度は例会に参加しようと言うことになりました。

例会は、毎月開催されています。
また仕事を終えてから行けるので、それも私には良いですね。

さて、この友の会例会は
「18:30~翌朝」まで行われます。
私達は、今回は宿泊しないので見れる時間まで(娘が起きていられるまで)参加することにしました。

まずは「なゆた」でいくつかの星を観望しました。
この日は、先日に比べ月が大変明るかったので星は見えにくい状態でしたが
その代わり月を観測することができました。

また屋外で20cm望遠鏡も用意してありましたので、「なゆた」と比べ見え方も違うので、こちらでも月を見て楽しみました。

今回見せていただいた星は、

こと座のベガ
はくちょう座のアルビレオ

木星

でした。
上記2つの星は、前回も見ましたが2度見ると名前も覚えますし、光の強さも思い出せますし、形だって描けてしまいます。

月は、いやぁ綺麗なものです。私は「すごい!眩しい!」の一言。
娘は、「穴だらけ。」とちょっとガッカリな様子。
妻は、「何だかこわいね~。」

と様々な感想。

木星は、この時期から観測できるそうで、人生で初めての見る木星にドキドキでした。
木星の嵐、大赤斑は何度見ても見つけることができませんでしたが、あの独特の色とラインはしっかりと見えました。
私が「マカロンみたいだね。」と言うと、皆同意。
で、家族の間では「マカロン星」と名づけました。

「なゆた」での観測は一般の方もいらっしゃいましたが、これからが例会です。
会場へ行くと、建物は施錠され一般の方は入れない状態でした。
黒田園長に部屋に案内されると、想像していた雰囲気とは全く違い、大変アットホームな感じでした。
しかし、皆さん私達の様なにわか天体ファンではないので、ゴッホの「星降る夜」で描かれている夜空はいつの日の夜空かを議論されている真っ最中でした。

また天体写真を撮り続けられている方や、高校生の時から天文台に通い続けられている方など、兵庫県内だけでなく他府県の方々も多く集まっていらっしゃいました。

例会では60cm望遠鏡で観測していきます。
望遠鏡が設置してある小さな部屋は、宇宙空間の様です。

その日に見てみたい星を皆さんがリクエストしながら、どんどん星を見ていき感想を述べ合います。

娘は、例会参加者の中で最年少でしたので、望遠鏡を操作させてもらったりしました。
例会で見た星は、

月、天王星、ぎょしゃ座のカペラ(二重星)、くじら座のミラ、アンドロメダ座γ星です。

また順番を待っている間は、テラスに出て星座の説明もしてもらいます。
もちろん説明してくれる方々も例会のメンバーです。

娘は人懐っこい性格ですので、お兄さんに可愛がってもらいながら色々な星の話を教えてもらっていました。

例会での60cm望遠鏡による天体観測は、写真を撮ることを許されていますので、持って行っていたデジカメで初めて撮影しました。
レンズの縁が写りこんでしまっていますが、月のクレーターはしっかり写せました。
皆さん慣れていらっしゃるようで、携帯カメラでも私より上手に写されていました。

the moon1


クリックいただくと画像が大きくなります。


the moon2

23時頃には、娘も限界になりましたので私達は天文台をあとにしました。
例会は翌朝まで続きます。

娘には、まだ少し難しいと思いますが、何かしら感じとってくれたらいいなと思います。
また私達大人も、レンズを覗きそこに写る星たちの姿を見ると、子供の頃に感じたあのピュアな感動を覚えます。

忙しい生活の中のほっとする時間に、こうして家族で星を見るのもよいものです。
これからも続けていきたいと思います。



タグ: 西はりま天文台 
OFFの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/313-1c4f0d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。