鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

家族の時間~天体観測編その1~ 

先日、兵庫県佐用町にある西はりま天文台へ行きました。
この天文台は、口径2mを誇る日本国内最大の望遠鏡「なゆた」があることで知られています。
また、私達一般人が、星を直接覗き観測できる望遠鏡としては世界一です。
娘も大きくなり、星について少し理解できるようになったので、泊まりで天体観測をすることにしました。

Nishi-Harima Astronomical Observatory1

実は、私はこちらの天文台の運営協議会委員をさせていただいており、今回の記事は天文台の広報もかねて紹介したいと思います。

accomodation.jpg

一般の方は、家族ロッジに宿泊します。
部屋はアットホームな雰囲気の空間になっており、リビングとキッチンが広く設けられています。

部屋にはそれぞれ星の名前がついています。私達の部屋は一階の「水星」でした。
バーベキューサイトもあるので、夕食は佐用牛と他食材を持ち込み、家族でバーベキューをしました。
キッチンには、料理に必要な家電製品、調理道具そして食器類などそろっていますから、バーベキューだけでなくお好きな料理を作って楽しめます。

sunset from the accomodation

ロッジから見る夕日。
木々からの木漏れ日が美しい。

バーベキューをした後は、19時半からのメインイベントである「なゆた望遠鏡」での観測会です。
観測室、つまり「なゆた望遠鏡」が設置してある部屋に入るとそこは別世界です。
宇宙船に乗り込んだような気持ちになります。
部屋の明かりが消え、天井が開くと空は満点の星空。皆さん「わぁ~。」の声が室内に響きます。

研究員の方が、それぞれの星を説明下さり、それを順番に覗いて見ていきます。
見れる時間は、約30秒ほど(その日の参加人数にもよると思います。この日は混雑していたように思います)ですが、だからこそ、感動も大きいものです。

今回見せていただいた星は

ベガ:こと座の一等星(おりひめ星)
M13:ヘルクレス座にある球状星団
M57:こと座の環状星雲
アルビレオ:はくちょう座の二重星
M15:球状星団

でした。

ベガは、眩しいくらいに強い光を発しているので肉眼でも良く見えます。おひりめ星と言う名にふさわしい大変美しい星でした。

M13は、鉄の粉砕を顕微鏡で見たような星の集まりです。

M57は、星の死んだ姿です。星が命を失いリング状にぼんやりとした光を放つ姿は、何とも言えない印象を受けました。

アルビレオは、2つの星が並んでいます。青白い星とオレンジ色の星です。素人の私達にはわかりやすい星で、娘はこの星が気に入った様でした。

M15は、若い星達の集まり。だから光も強い。小さな星が数えきれない位見え、その若さゆえ元気な光を放っていました。

暗闇で説明を聞くため、メモを取ることもできなかったので、大変素人的な説明で申し訳ございません。
ご興味のある方は、ネットで検索してみて下さい。

ベガは25光年地球から離れているそうで、私がこの日見たベガの光は25年前のものでした。
母が亡くなった年です。13歳の秋、母と夜空を見上げたかも知れません。
時を超えて、25年前の星の光をこの日こうして私の大切な家族と一緒に見れたのが、何だか不思議な縁の様な気がしました。

star watching

「なゆた望遠鏡」での観測会の後は、いったん部屋に戻り一休みしてから、今度は天文台から借りた天体望遠鏡で、家族だけの観測会です。
天文台は大撫山に立っており標高が高いので、外に出ると星が大変近くに見えます。
この日は月が出ていなかったので、観測には最高の日になりました。(その代わり月は観測できませんが)
丘の上まで上って、様々な星を観測しました。なかなか面白いものです。
次はあの星、その次はあれを見てみようなんて言いながら、楽しい一時を過ごしました。

disc golf

翌日は、朝から娘と約束していたディスクゴルフをしました。
コースを回るのにかなりの距離がありますので、思った以上に時間はかかりますが良い運動です。
またそれぞれの箇所に、アスレチックも設置してありますから、それもプラスするとさらに時間を要します。

my daughter and me

妻の笑いが止まらなかったスナップショット。
偶然に妻が撮ったものです。
私が指さすと、娘はオリジナル双眼鏡でその方向を見ています。
これを自然体でてきてしまうところが、関西人の気質でしょうか。笑
妻が一言「あなた達、いいコンビだわ。(笑)」

my daughter and me2

風が吹いて気持ちの良い天気でした。

view from the Astronomical Observatory

天文台からの風景です。

sky.jpg

西はりま天文台のウェブサイトは下記の通りです。
http://www.nhao.jp/gw.html

遠方からでも、ぜひ訪れていただきたい天文台です。
天体観測はあまり身近なものではありませんが、研究員の方からの解りやすい説明を聞きながら星を見ると、今までにない新しい気持ちで星を眺める事ができます。

もちろん夜だけはなく昼間は太陽観測会も行われていますので、ぜひ一度足を運んでみていただけると嬉しく思います。
美しい自然の中、天文台を訪れると自然にその世界に引き込まれ、帰るころには虜になってしまうそんな魅力のある施設です。

我が家は、もうすっかりはまっており、明後日も夜から観測会に出かけます。
前回見れなかった木星を見るのが楽しみです。

タグ: 西はりま天文台 
OFFの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/312-0ae21488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。