鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

短刀 

コンクールを理由にお待ちいただいておりましたご依頼主様の短刀が、納得の行く焼きが入ったので仕上げにかかりました。
この二振の中から、一振を選びます。

まず一振目。

tanto_a1.jpg

今回、依頼主様と色々と相談致しましたが、最後は「全て私に任せます」と言って下さいました。
名刀と言われる、直刃の短刀と乱れ刃の短刀の全身押し型を手元に集め、
眺めながら長い時間悩みました。

その中で、一番引かれた短刀は、左安吉でした。

安吉は南北朝期に掛かり、幅広で、おとなしい刃文の作風がほとんどですが、
私の見つけた押し型の安吉は初期作で、刃文や帽子など大左に近い出来の物で、
すこぶる健全で、姿も尋常な物でしたので、これを目標にしようと決めました。

tanto_a2.jpg

茎の焼きを戻して、アカを噛まして姿直しの完成です。

tanto_a3.jpg

鍛冶押しをし、茎も仕上げました。

tanto_a4.jpg


こちらが二振目。
一振り目よりも暴れた出来になりました。

tanto_b1.jpg

乱れ刃を焼きましたので、帽子は突き上げて返るように焼きました。
表、裏共に帽子、返り、焼き刃も感じ良く決まりました。

アカ(焼いた銅)を棟に噛まし、棟焼きを撮ります。
アカ噛ましが終わるとアイ取りをしながら姿直しをしました。

tanto_b2.jpg

茎の焼きを戻して、姿直しの完成です。
鍛冶押しをし、茎の仕立てもしました。

tanto_b3.jpg

今回の作品は、鍛錬(鍛え)も今までと違う方法で地鉄を造りましたので、
どのような鍛え肌に成っているのか、又、刃文、匂い口を見るために、
自分で部分的に内曇まで研ぎました。

tanto_b4.jpg

完成がとても楽しみです。

ONの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/297-491695bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。