鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

天空の白鷺-姫路城大天守修理 Vol.2 


east main pillar1

東大柱です。

west main pillar

こちらが西大柱。

old pictures

7階では、当時の貴重な姫路城の写真をパネルで見ることができます。
物心ついたときから、美しい姫路城を見ていたので、こんな廃屋のようだったとは知りませんでした。

restoration in Showa and Heisei

また、昭和と平成の大修理の比較も興味深いものでした。
昭和の大修理のスロープは見事ですね。
当時の斬新なアイデアに、ただただ感心させられました。

restoration in Showa and Heisei2

約50年の間の建築技術の進歩は素晴らしいもので、今このようにして、修復作業を私達が同じ目線で見ることができるようになりました。

しかし、修復作業自体は、当時の技術を引き継ぎ、この大修理に携わる匠の方々が技があってこそなしえるものなのですね。

物心ついたたときから姫路には姫路城があり、当たり前のように風景の中に溶け込んでしまっていましたが、今後は違った思いで、姫路城を眺めるだろうと思います。

cherry blossom

今年は桜の開花が少し遅れたため、ちょうど見学の予約日が満開の桜日和となりました。


cherry blossom3

依然にも書いたと思いますが、コンクールの結果が近いと思うと、桜の時期は心がざわめき、花を愛でる余裕がない私ですが、この日ばかりは、この桜の美しさに、心が自然に和んでいました。

娘にとっては、この日が初めてのお城体験でした。
西洋のお姫様に憧れがちな年頃ですが、この日から、日本の姫に夢中です。笑

何とも穏やかな楽しい一日を過ごしました。



OFFの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/282-955931ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。