鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

最後の焼き入れ 

気分転換の後、最後の焼き入れに入りました。
仕上げの時間、研ぎ鞘ハバキの時間を逆算するともうタイムリミットです。
納得する事はできませんが、この中から候補を選んでいきます。

blades after quenching process

全体の出来を観ながら順番を付け、1番目と2番目を仕上げる事にしました。
アカ(銅の焼いた物)を棟に噛まし焼きを戻します。
アカ噛ましが終わると、刀身全体を火に炙りながら刀身の相取りをしながら、
鎬を叩いて姿直しをします。
刀にとって、姿はとても大切な見所の一つです。

blades2.jpg

細心の注意を払い、感性と自分の眼で納得できる姿に仕上げます。
姿直しが終わると中心(ナカゴ)を焼き戻して姿直しが終了です。
鎬と中心の色が黒くなっているのが、アカを噛まして焼きを戻した痕です。

blades1.jpg

次は鍛冶押しに入ります。
鍛冶押しが終わると樋を彫りです。


ONの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/259-2f8c9e7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。