鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

於吉野 Vol.1 

吉野は久々です。
私が足掛け8年修行した思い出の地です。
いつ来ても懐かしく、鍛刀場の中に昔の自分が見えそうな気がします。
気が引き締まります!
親方、奥さん、仕事をされていましたが、長男の河内一平さん、今修行中の二名の
弟子に暖かく迎えていただきました。

kunihiraworkshop1.jpg


仕上げ場の研ぎ台の前には、綺麗な花菖蒲が咲いていました。
鳥の鳴き声も聞こえます。
鳥もさえずりを練習しているようです。まだ、一人前ではない様です。

flower.jpg


翌日、見学がありました。
私も久々に先手になり、三丁で叩きました。親方の二人の弟子はなかなか上手に先手をしていました。感心です。私もまだまだ捨てたものではありません。叩き込まれた腕は、体がまだまだ忘れさせません。親方に上手な油沸かしを見せて頂きました。良かった。

刀鍛冶だけではないと思いますが、職人は、仕事に向き合う所作の美しさで、その人の技量が分かります。
鍛錬をする親方の姿は、今も変わらず、力強く大きく見えました。

私も、人より一汗多くかき、頑張ろうと気が引き締まりました。
上手くなりたい!そう強く思います。

tanren1.jpg
tanren2.jpg

夜、三年目の炭谷君、二年目の金田君が、銘切りの練習をしていました。河内一門の伝統です。
入門時から独立まで、毎日一字だけ、銘切りと書を練習します。一日も休まずにです。
小学校一年生の漢字から始めますが、独立後はどんな字でも切れるようになっています。
独立後は、こんな時間はなかなかありませんので、今しか出来ない練習なのです。
二人とも頑張って下さい。何事もやらされているうちは駄目です!

engrave.jpg

親方の素敵なギャラリーです。
広さもあり、飾ってある親方の作品や、拵え、小道具など大変見応えがあります。
センスの良い陳列ケース、ライト、机、椅子、小物が、展示されている書、絵画、写真をさらに引き立て、洗練された空間が広がっています。
親方とのツーショットは貴重ですね。
そのうちに、親方にお願いして、私も一振り何とか飾って頂きたいものです。

吉野での2日間は、大変充実した日々でした。
良かった!の一言です。

gallery.jpg
タグ: 河内國平  河内一平  吉野  鍛錬  銘切り 
ONの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/22-1c71a566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。