鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

焼き入れ前 

三振り分の上げ鍛え、造り込みを終え、素延べ、火造りをしました。

shoudona.jpg

火造りが終われば、焼鈍をします。
焼鈍(しょうどん)とは、刀身全体を焼き入れ温度まで均一に赤め、
アクの中に入れ時間をかけてゆっくりと冷ます事です。
鉄の組織を細かく均一にする事とストレスを取ることにより、刃物としての性能も上がります。

magarinaoshi.jpg

刀身が冷めると、刃の線が真っ直ぐになるように曲がり直しをします。

nikuoki_before quenching process1

刃の厚みを揃えたり、土置用の肉置きなどを決めて行きます。
切先の刃の厚みも薄すぎたり厚すぎても良くありません。
刃の厚みは10円玉の厚み位です。

before quenching process2

肉置きが決まりました。
次は砥石で研いで、刀身に砥石目を付け、アク水で刀身を洗ったら完成です。

タグ: 焼き入れ 
ONの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/190-b47e7cdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。