鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

早稲田大学での講義 

早稲田大学の先生とのご縁があり、講義をしてきました。
日本語の勉強をする留学生のクラスの授業でした。

talk_at waseda university1

日本刀の出来るまでの話を、自分の写真を使いながら説明しました。

talk_at waseda university2

緊張もしましたが、少しでも良い授業が出来るように、毎晩子供が寝静まってから練習していたので、話し始めると以外に落ち着けました。

今回は、生徒さん全員に私の作品を実際に手に持ってもらいたかったので、太刀と拵えを持って行きました。
私の話も真剣に聞いてくれましたし、実際に手に持ち日本刀の美しさや凄みや緊張感を感じてくれました。
本当に喜んでくれ、「すごい、美しい!」と言う言葉ばかりでした。
嬉しかったです。

talk_at waseda university3

先生のお話では、20年後には母国の第一線で活躍されるような人ばかりだそうです。
午前中は40人ほどの生徒さんへの講義、午後は15人ほどの講義でした。

talk_at waseda university4

私の話でも日本語を理解出来る生徒さんばかりでしたので、笑いが出る場面もありました。

talk_at waseda university5

日本の伝統文化や伝統芸能、沢山の日本の事を正しく理解し、日本の事を世界に発信して欲しいです。
私もとても勉強になりました。

talk_at waseda university6

行った記念に大隈講堂の時計台の前で撮っていただきました。

talk_at waseda university7

森下先生、倉員さん、日本語教室のボランティアの皆様お世話になりました。
ありがとうございました。

タグ: 早稲田大学  大隈講堂 
講演/Lecture  :  trackback 0   :  comment 2  : 

コメント

こちらこそ、本当に有難うございました!!
学生のレポートも感激であふれています。全部そろいましたら、送付いたしますね。今後ともよろしくお願いいたします☆
2010.06.19 Sat 01:02 : URL : 森下雅子 #- : 編集 :

Re: タイトルなし

森下先生

学生がどのように感じてくれたのか、とても興味があります。
学生のレポートを見るのがとても楽しみです。
こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します。

2010.06.23 Wed 23:09 : URL : 國一 #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/172-da2ccdbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。