鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

文鎮が完成しました 

文鎮が完成しました。

カテゴリーの中の「日々の手仕事」をクリックいただきますと、文鎮作りについての記事のみ表示されますので、6月13日に書いた記事の画像と比較下さい。
独特の良い風合いに仕上がった事がお分かりいただけるかと思います。

錆び付けが終わり、鉄のワイヤーブラシで全ての面を丹念に擦りました。
あまり擦りすぎると錆が落ちてしまい又、少し光ってしまいます。
しっかりと錆が付いていますの、磨いた錆びの表面に艶がでています。
paperweightpre1.jpg
paperweightpre2.jpg

この文鎮は妻へのプレゼントです。
結婚後、毎年、結婚記念として文鎮をこっそり作ってプレゼントしていますが、今年は、このブログのおかげで渡す前にばれてしまいました!
写真二個上の「十年帰不得」がこの文鎮の表です。

paperweightpre3.jpg
paperweightpre4.jpg

-----------------------------------------------------------------------------

ここからの写真は、錆びを止めるために煮た後の写真です。
錆を止めずにそのままにしておくと、又、錆びます。
それを止めるために、文鎮を焼きながら油を塗り仕上げたり、アルカリの強いソーダーを薄めてその中で文鎮を煮たりして、錆止めをします。
錆止めが終わりました。
これで、大体終わりです。
錆を止める前と、錆を止めた後の違いがわかるでしょうか?
現物を見れば違いがわかるのですが。
朝、仕上げ場に行った時に、綿の切れ端でせっせと磨きます!

completedpaperweight1.jpg
completedpaperweight2.jpg
completedpaperweight4.jpg

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/17-7873dca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。