鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

「銀座に刀鍛冶が、やってきた!」 Report4  

3日目は、彫刻家の藪内佐斗司氏との対談でした。
関西生まれのお二人は、大変上手に対談されました。
一番印象に残った話は、「国宝や文化財に指定されることにより、作品が法律により触れなくなり
その文化財が今の現状よりも悪くなってしまう可能性がある。」の言葉でした。
私は、共感を覚え、危機感を感じました。

exhibition21.jpg

伝・香芝市今泉出土銀装大刀復元
直刀で、儀仗刀である可能性が高い思います。
古代史ファンの方も多く、人気がありました。

exhibition22.jpg

小柄小刀です。
柳村仙寿氏の彫があります。
図柄は宝珠、素剣、龍、梅です。
焼き入れ前に彫りを入れたものも有るそうです。
正直、私も欲しいです。

親方が初めて小刀を製作した頃は30振り作り2振りしか出来なかったそうです。
小柄小刀は歩留まりが非常に悪く、その位大変難しいものなのです。

exhibition23.jpg

鋳造製の七支刀です。↓

exhibition24.jpg

鍛造製の七支刀です。↓

七支刀の復元について、4月28日付けのヤフーのトピックスにも掲載されました。
記事をご覧になりたい方はこちらからお読み下さい。

exhibition25.jpg

せんと君と鹿坊です。
ちょっと恥ずかしかったですが、折角なので独り占めしました。
後で、おとな塾のスタッフの方からお聞きしたのですが、せんと君と鹿坊の中には
大変美人の方が入っていたそうで、話題になっていました。(笑)

exhibition26.jpg

タグ: 藪内佐斗司  河内國平  高見國一  せんと君  おとな塾  銀座 
展示/exhibition  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/162-a8cf36d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。