鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

レア物 

この小刀は、私が弟子3年目の時に親方の所で小刀会が有り、
初めて本物に銘切り、土置、焼き入れをし、仕上げた作品です。
鑢は親方です。

銘は、三省  一良作之

銘は今よりも上手だと妻に言われてしまいましたが、
迷いも無く切っているのからそのように思うのかも分かりません。
しかし、入門してから独立まで毎日銘切りの練習をしたので、
365日×3年、努力をすれば、これぐらいは当たり前に切れていました。

kogatana19.jpg

内曇りまでしか研いでいないので、写真では見えませんが、
透かして見ると、
刃文は匂口の深い小錵出来のぐの目で、帽子は焼き深い出来です。
一度研いでから、錆びたりして研いだ記憶はありません。
刀身は手製の紙鞘です。

kogatana20.jpg

小柄袋も、その年の金工の研修会に参加して、白銀師中田育男氏に指導
してもらいながら作りました。
今でも、仕上げ場でマイ小刀として活躍してくれています。
日常に使うので、小柄は少し擦れなども入っていますが、これも時代です。
もう、16年も愛用しています。


タグ: 白銀師  中田育男  河内國平 
My collection  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/157-60872f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。