鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

小刀 火造り 

小刀を火造り始めました。
小刀でも刀と同じように工程を踏みます。
極力鑢がけを少なく出来るように仕事をします。
短刀が小さくなったようなものですが、一本の重さは6匁目ぐらいです。
写真にはありませんが、柄も小刀用の柄があり仕事をしやすくしています。
手槌も小の手槌を使います。

tantod.jpg

タグ: 小刀 
ONの日  :  trackback 0   :  comment 2  : 

コメント

小刀にも丁子を焼くのでしょうか。出来上がりを早く見たいですね。
ところで小さいし表裏が違うというくらいは素人でも分かるのですが、小刀の成形で難しいところ、短刀や刀との大きな違いは何でしょうか。
ヤスリ掛けなども大変そうですね。

2010.03.25 Thu 21:34 : URL : 左近 #- : 編集 :

Re: タイトルなし

左近様

小さく薄いので、丁子は難しいです。が、機会があれば挑戦したいです。
小刀の形で最も難しいのは、焼き入れ後の反り方を考慮に入れ
焼き入れ前に、どれだけ反りを伏せておくかが重要です。
曲りも銘や鑢の方に反った場合は、修正が効かないので
焼き入れ時にも細心の注意が必要です。
鑢掛けも、刀と同様の仕事をするので、見所でもあり
丁寧に仕事をしなければならない過程です。
2010.04.07 Wed 22:24 : URL : 國一 #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/140-8f593035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。