鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

小脇差し 

下地研ぎが終わり、鞘が出来ました。
いつもは研ぎ上がってから銘を切り登録を取るのですが、
段取りの都合で今回は先に銘を切りました。

keithtanto1.jpg


keithtanto2.jpg

もう、内雲りまで引いてありますので、刃文もよく見えます。
刃も冴え、地鉄もいい感じで出来ています。

keithtanto3.jpg

日本刀の世界には、中心千両と言う言葉があります。

私の親方が若い頃、薫山先生に刀を観てもらいに行った時の事です。
いつもは中心の先から切先まで時間をかけて観られるのですが、
その時は、中心を抜いてじっくり観た後に一つうなずかれて柄をもどされました。
「刀身も見て下さい。」と言うと、
「これだけ丁寧な良い中心の仕事をしているのだから、上を観なくても出来てるのはわかります。中心千両と言う言葉を知っているか。」と言われ、これからも頑張るように言われたそうです。
その精神を受け継ぎ、私は中心にも時間と思いを込め、
仕立て、鑢、銘ぶり、字配り、銘切りをしています。

keithtanto4.jpg

この銘は表裏とも、注文主と一緒に考えました。
銘を考えるのはとても楽しいし、上手く銘切り出来た時はとても嬉しいです。
結婚指輪を抜いたので、銘を切るキャンバスが小さく悩みましたが、
何とかまとめる事が出来ました。

タグ: 小脇差し  銘切り  Yukiko&Keith  守り刀  玉鋼指輪 
ONの日  :  trackback 0   :  comment 2  : 

コメント

いつも拝見しています。
中心仕立ての上手い下手がよく分からずにいたのですが、最近の高見刀匠の説明で見どころが分かってまいりました。
作業されながらの写真撮影は大変でしょうが、今後もこのブログでの掲載をお願いします。
2010.03.13 Sat 12:29 : URL : 左近 #- : 編集 :

Re: タイトルなし

左近様

コメントありがとうございます。
文才のない私が(何分職人ですのでお許し下さい)自分の言葉で
説明しているので、上手く言えませんが、写真を使いながら
できるだけ皆さんに自分の仕事がわかって頂けるように頑張って書いています。
右近様のコメントがとても励みになりますので、今後とも
ブログの更新に力を入れていきますね。

今後とも、どしどしコメントを入れてくださいね。楽しみにしています。

2010.03.14 Sun 23:17 : URL : 國一 #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/131-7e8156ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。