鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

検索

m2photo 

大阪市北区にスタジオがあるm2photoさんに
刀身の撮影をする為に行ってきました。
親方は、9時頃に行くと聞いていましたので、私も早く行かなければと思い速い電車に乗り、9時半過ぎに着きまた。
宮田さや太田さんにお会いするのは久しぶりでしたが、
二人ともお元気で、暖かく迎えていただきました。
親方もいつも通り元気そうでした。

m2photo1.jpg

私は、今年度の新作名刀展で薫山賞を授賞した太刀をお客さんにお借りし撮影しました。
親方は脇差しと短刀二振り。群馬の弟弟子の石田君も20年度に努力賞1席を授賞した太刀の撮影をお願いしていたので、合わせて5振りの撮影となりました。
私は刀の手入れや出し入れ、刀のセッティングを手伝いました。

m2photo2.jpg

さすがスタジオです、機材、道具、カメラやレンズ、沢山のパソコンやモニター、周辺機器など私は興味津々です。
刀の仕事はアナログばかりですが、こう言うデジタルばかりの機材を見るとチンプンカンプンですが、見ていて驚きます。

m2photo3.jpg
宮田さんが出された写真集『刀匠 河内國平という生き方』に
サインを書く為に親方が、落款を彫っている所です。

私も手伝いをしながら親方の横に座り見ていましたが、自然な筆の流れ、気にしていないのに見やすい字のバランスなど、流石で羨ましいです。
嫌みが無いと私は思いました。
親方と色々な世間話や仕事の話、書の話などいつも私為になります。
筆と墨に慣れる事だといつも笑って言われます。刀と同じで日々の積み重ね以外ないですよね。
後は絵心とセンスですが、そこが又難く言葉になりません。

OFFの日  :  trackback 0   :  comment 1  : 

コメント

うらやましい!その日は面白かったですね。宮田さん、太田さんと親方一緒に時間を過ごしました。いいなあ。
そうですね。イムツーフォトの仕事場にはたくさん面白いことがありますね。
2009.12.18 Fri 15:45 : URL : ゴードン #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuniichitakami.blog68.fc2.com/tb.php/112-0323bb26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)