鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

家族旅行 

妻の誕生日と娘の合格祝いを兼ねて、山陰海岸ジオパークへ旅に出ました。


tottori sandhill1


鳥取砂丘。
娘は、初めてです。
その広大さに感動したようです。
妻と私は、結婚した夏、妻の両親と共に訪ねました。
14年ぶりです。


tottori sandhill2


娘と砂丘で散歩。
小学6年生ですが、まだまだ色々パパに話してくれますよ。
二人で学校のことなどなど。内容は秘密です。


tottori sandhill3


砂丘の頂上までレッツゴー!
が、しかし、かなりハードでした。


tottori sandhill4


この日は、ニュースになるほど風が強く、砂丘は大荒れでした。
たまたま、少し前に映画「オデッセイ」を観たところだったので、火星の嵐ってこんな感じ、いやもっとすごいものなんだろうなぁなんて言いながら、砂が混じった風が正面から吹きつけ、写真どころではありませんでした。
「痛い!」と言う感じです。


yumura hot spring1


そして湯村温泉で宿泊です。
私が幼い頃、家族で毎年訪れていた温泉です。大変懐かしかったです。
チェックイン後、温泉街を散策しました。
源泉の荒湯で、卵を茹でます。待っている間は、もちろん足湯で癒されながらのんびり。
ゆで卵ができあがれば、また足湯に浸かりながら、あつあつをいただく。


tajima beef


翌日のお昼は、但馬牛をいただきました!
3人ともヘレを注文。
お味は、最高でした。


amarube tekkyo1


2日目は、あいにくの雨でしたが、余部橋梁「空の駅」へ。


amarube tekkyo2


妻がご機嫌で何より。(笑)


amarube tekkyo3


折角ですので、余部橋梁を列車で渡ってみることにしました。
乗車時間は3分。


japan sea from yoroi station


お隣の駅は、何と「鎧」駅。カッコイイ名前ですね。
鎧駅からは、日本海が一望できます。


yoroi station


鎧駅で20分ほど待ち、電車で餘部駅へ戻ります。


amarube tekkyo4


ゆっくりとした時間が流れ最高の旅でした。
娘は、小学校生活あとわずかです。共に6年間過ごした多くの友達と最高の日々を送ってほしいですね。
妻は、40代になってから、歳がよくわからなくなるそうですが、昨年の一年は私のことや娘のことでサポート役に徹してくれましたので、今年は自分の時間を満喫して欲しいです。


スポンサーサイト
OFFの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。