鍛冶屋生活ONとOFF

-刀鍛冶のモダンライフを書き綴る-

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 07

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

最新コメント

アーカイブ

全記事表示リンク

リンク

RSS

カレンダー

検索

ページビュー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

あけましておめでとうございます 

新年あけましておめでとうございます。

大変ご挨拶が遅れまして申し訳ございません。
ゆっくりと新年を家族で迎えました。

昨年は娘が中学受験し、合格を掴みとり中学校へ入学したのは良かったのですが
反抗期が始まり、色々と大変な一年でした。

多くの方に相談させていただき、アドバイスを受けながら、しっかりと娘と向き合うことができました。
今、娘は前を見つめ、一歩ずつ前へ進み始めました。

サボっていた勉強も、しっかりと取り戻さなければなりませんが、娘の目に迷いはないように感じます。

さて、我が家は昨年の秋、引っ越ししました。
築38年の大変趣のある一軒家ですが、窓から見える景気も美しく、毎日気持ちの良い朝を迎えています。


soba.jpg


娘が作ってくれた年越しそば。
「行事食をつくる」と言う家庭科の宿題がありましたので、だしをとり、天ぷらも揚げ、こだわりの蒲鉾で、大変高価な年越しそばになりました。(笑)


the nearest temple1


大晦日は、氏神様へ家族で歩いてお参りに行きました。


the nearest temple2


ピンと張り詰めた空気が気持ちよく、清々しい気持ちで新年を迎えました。


new years day 2017


鍛刀場も、今年は妻と娘が手伝いに来てくれ大掃除をしました。


photo6.jpg


今年も皆様にとって、多くの幸せがやってきますように。

スポンサーサイト
OFFの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 

秋ですが、まだ夏! 

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
なかなかブログを更新できません。

注文いただいている刀の製作に加え、講演や対談などもあり、6、7月は大変多忙な日々を過ごしていました。

娘が中学校入学後、陸上部に入部しました。
入学前は、自然科学部を希望していたのですが、「私はやっぱり走りたい!」と。
7月に初めて大会に出場しました。結果は振るわず、9月の新人戦に向けて今後練習あるのみですね。
そして、私は、2日間の大会で、お恥ずかしい位に日焼けしてしまいました。(笑)

私自身も陸上部でしたので、競技場にいると大変懐かしく感じました。
あまりにも夢中になって見ていましたので、気が付けば真っ黒。(笑)
ちょっと後悔しております。


sunflower2016_1.jpg


そして、あっという間に8月です。
娘は毎日部活がありますので、家族で過ごす時間が一気に減りました。
少し夕方時間ができたので、ひまわり畑へドライブ。
夕方のひまわり畑も、大変美しい。
月が綺麗に輝いていて、散歩しながら楽しい時間を過ごしました。



star festival2016


地元の花火大会での七夕のイベントです。
「ありがとう」の気持ちを短冊に書き、七夕を祝うというもの。
数えきれない短冊に、様々な「ありがとう」が書かれており、幸せな気持ちになりました。

来年は、妻と二人でデートかも知れません。
娘はきっと友達と行くことになるかなぁ。
そんな子離れの時期が来たことを、嬉しくも寂しくも感じます。

今、樋を彫っていますが、樋彫りが終わればお盆休みで少しゆっくりします。
どうぞ皆様も、ゆっくりと良いお盆をお過ごしください。

OFFの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 

娘と私の卒業式 

報告が遅れましたが、3月22日、大学を卒業しました。
5年前、こちらのブログでも、娘が小学校を卒業するまでに学士号を取得することを宣言しておりましたので、皆様との約束を果たすことができました。


graduation ceremony at Osaka university of arts1


先日、仕事場を整理しておりましたが、山積みになったレポートを見て、自分なりに努力し良く頑張ったと思いました。


graduation ceremony at Osaka university of arts2


私を理解しご指導して下さった先生方に心から感謝します。


gradutaion ceremony at Osaka university of arts3


42歳の卒業生です。若い卒業生たちと共に、卒業式に出席しました。
家族も来てくれ、私の晴れ姿を見てもらいました。


gradutaion ceremony at Osaka university of arts4


私の指導教員の伊藤隆学科長と。
先生方に教えていただいたことを、今後の製作活動に活かし、私は「刀」でそれらを表現していきます。


graduation ceremony for my daughter2


そして、翌日は娘の卒業式でした。
6年前、大きなランドセルを背負い、どちらかと言うと不安いっぱいで入学しました。
娘は、妻の仕事の関係で、地元の保育園には通っておりませんでしたので、友達0人からのスタートでした。
「友達100人つくること」が目標でした。


graduation ceremony for my daughter1


そして、6年が経ち、娘は立派に成長しました。
学校はもちろん、どこでも友達がいっぱいの娘は、本当に幸せ者です。
そして、娘を理解下さり、娘の個性を最大限に伸ばして下さった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

娘は、小学校の友達とは離れ、4月から公立中高一貫校へ進学します。
6年間共に学び過ごした仲間、そして母校を誇りに思い、思い出を大切にし、新しい仲間と新しい学校生活を楽しんで欲しいです。

我が家に新しい春がやって来ました。



OFFの日  :  trackback 0   :  comment 1  : 

家族旅行 

妻の誕生日と娘の合格祝いを兼ねて、山陰海岸ジオパークへ旅に出ました。


tottori sandhill1


鳥取砂丘。
娘は、初めてです。
その広大さに感動したようです。
妻と私は、結婚した夏、妻の両親と共に訪ねました。
14年ぶりです。


tottori sandhill2


娘と砂丘で散歩。
小学6年生ですが、まだまだ色々パパに話してくれますよ。
二人で学校のことなどなど。内容は秘密です。


tottori sandhill3


砂丘の頂上までレッツゴー!
が、しかし、かなりハードでした。


tottori sandhill4


この日は、ニュースになるほど風が強く、砂丘は大荒れでした。
たまたま、少し前に映画「オデッセイ」を観たところだったので、火星の嵐ってこんな感じ、いやもっとすごいものなんだろうなぁなんて言いながら、砂が混じった風が正面から吹きつけ、写真どころではありませんでした。
「痛い!」と言う感じです。


yumura hot spring1


そして湯村温泉で宿泊です。
私が幼い頃、家族で毎年訪れていた温泉です。大変懐かしかったです。
チェックイン後、温泉街を散策しました。
源泉の荒湯で、卵を茹でます。待っている間は、もちろん足湯で癒されながらのんびり。
ゆで卵ができあがれば、また足湯に浸かりながら、あつあつをいただく。


tajima beef


翌日のお昼は、但馬牛をいただきました!
3人ともヘレを注文。
お味は、最高でした。


amarube tekkyo1


2日目は、あいにくの雨でしたが、余部橋梁「空の駅」へ。


amarube tekkyo2


妻がご機嫌で何より。(笑)


amarube tekkyo3


折角ですので、余部橋梁を列車で渡ってみることにしました。
乗車時間は3分。


japan sea from yoroi station


お隣の駅は、何と「鎧」駅。カッコイイ名前ですね。
鎧駅からは、日本海が一望できます。


yoroi station


鎧駅で20分ほど待ち、電車で餘部駅へ戻ります。


amarube tekkyo4


ゆっくりとした時間が流れ最高の旅でした。
娘は、小学校生活あとわずかです。共に6年間過ごした多くの友達と最高の日々を送ってほしいですね。
妻は、40代になってから、歳がよくわからなくなるそうですが、昨年の一年は私のことや娘のことでサポート役に徹してくれましたので、今年は自分の時間を満喫して欲しいです。


OFFの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 

兵庫県芸術奨励賞を受賞しました 

ご報告が大変遅くなりましたが、昨年12月、兵庫県芸術奨励賞を受賞致しました。

この賞は、芸術の分野における創作活動にすぐれた業績をあげており、かつ将来一層の活躍が期待される個人又は団体を表彰する賞です。
このような名誉ある賞をいただけ大変光栄です。

12月16日、ホテルオークラ神戸にて、ひょうご文化交流のつどいが開催され、兵庫県芸術奨励賞贈呈式が行われました。
兵庫県で活躍されている多くの文化人の方々がお集まりになり、大変盛大な会となりました。
多くの方に祝って頂き、身の引き締まる思いでした。

awarding ceremony in Kobe1

壇上でのスピーチは、思った以上に緊張しました。
受賞者の皆様のスピーチは、大変素晴らしかったです。

awarding ceremony in Kobe2

この度は、コントラバス奏者の幣隆太郎氏、演劇講師・俳優の本田千恵子氏、声楽家(ソプラノ)の松岡万希氏、現代音楽作曲家の薮田翔一氏と私の5名が受賞しました。
(向かって左から、薮田氏、松岡氏、本田氏、弊氏、そして私です)
それぞれの分野で大変ご活躍されている著名な方々との受賞にとても嬉しく思います。
贈呈式の中での、幣さん、松岡さんの演奏と歌声には魅せられました。

活躍の違いますが、これを機に皆様との交流も深めていきたいです。

awarding ceremony in Kobe4

井戸敏三知事と。

awarding ceremony in Kobe3

地域の方々や家族、そして応援下さっている数えきれない位の方々に支えられながら、今日まで頑張って来ることが出来ました。
昨年は、入院や手術を経験し、作刀が思うようにできな悔しい時期もありましたが、最後にこのような権威ある賞をいただけたことを心より感謝します。
これからも皆様の期待に応えられるよう努力し、地域や兵庫県に少しでも貢献できるように精進致しますので、どうぞ応援よろしくお願いします。

私が、これまで作刀を続けてくることができたのは、地域の方々の私の仕事への温かい理解があったからだと日々感じでいます。
今後も皆様への感謝の気持ちを忘れず、佐用町に生まれ育ったことを誇りに思い、私にできる精一杯の恩返しをしたいです。
ありがとうございました。



OFFの日  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。